努力の結晶、中華で出世し
晶华集团

晶華の未来、繁栄に向かい

晶華光電は1995年5月24日に設立。主に光学ガラス、未加工品、光学レンズ、光学レンズモジュール、マイクロプロジェクタなど光電器具の研究開発、生産、販売に携わっています。設立以来、光学レンズの精密加工技術に注力し、光学ガラス業から光学レンズモジュール、マイクロ投射光学エンジン、完成品の研究開発、生産、販売までと徐々に事業を拡大していきます。当社は四川省成都国家級経済開発区にあり、販売部、設行銷部、型材料事業部、レンズ事業部、組立事業部、控股成都賽林斯科技実業有限公司、中山北方精密光学有限公司、成都迅達光電有限公司を設置しています。二十年以上の発展を遂げてガラス溶解精錬、レンズ加工、レンズモジュール、完成品販売という完全な光学製品の産業チェーンを徐々に築きあげた結果、年間産出量は其々光学ランタン系ガラス1000トン、光学未加工品18000万枚、光学レンズ8000万枚、光学レンズ360万枚という生産力が形成されています。「環境を守り、社会の幸せを作る」を理念とし、ISO14001要件に基づき、製品に対してエコ化生産を行なっています。社内管理では、「人を本にする」を原則に、職員に良い作業環境を与えます。中国の民営光電企業として、成都晶華は技術と経済での優位性を社会責任と環境保全責任につなげて、「社会に認められ、職員が満足する」会社を目指したいと思います。

大記事

無から今まで 歴史を創りだし

成都晶華は20年の苦労を通じて、挫折の途中に成長し、挑戦の途中に機会を掴み、革新途中に進歩して、業界で晶華所属の特殊な地位に一歩一歩にたゆまず努力をする
demo
  • 1995年   晶華光学有限会社を創立
  • 2005年  成都晶華科技有限会社がハイテク企業としての認証を受ける
  • 2005年  外資系企業と成都サイリンス科学技術実業有限会社の合弁会社を立ち上げる、株式の61%を取得
  • 2008年  成都訊達光電有限会社を創立、株式の70%を取得
  • 2010年  成都サイリンス科学技術実業有限会社がハイテク産業としての認証を受ける
  • 2011年  中山北方晶華精密光学有限会社の株式の53%を取得
  • 2011年  組立事業部を創立、当年正式に操業を始め、弊社の全産チェーン化を実現
  • 2011年  成都サイリンス科学技術実業有限会社の株式の100%を取得
  • 2012年  成都サイリンス科学技術実業有限会社が双流県から会社本部に移転する